Skip to content

胎児への影響を考える

夫婦妊活中の夫婦にとって胎児の健康は何よりの心配事でしょう。特に放射の影響はどうしても気になるものです。もちろん、日常的に浴びている程度の放射線であれば気にすることはありません。しかし、放射能漏れなどによって大量に放射能を浴びてしまうと、人体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまうのです。場合によってはガンを発症して死に至る可能性もあります。

胎児は細胞分裂を繰り返して成長をしていますが、その代謝スピードは大人よりも速くなっているため、より放射能の影響を受けてしまいます。さらに、放射能ヨウ素やセシウムを浴びてしまうと甲状腺ガンなどの心配もあるでしょう。胎児の場合は大人よりも甲状腺ガンのリスクが高いとされているため、特に注意が必要です

そのため、妊活中の夫婦はより放射能に対して敏感になるべきでしょう。放射能を浴びることが無かったとしても、食べ物など普段口にするものから放射能が入り込む可能性もあるのです。そのため、妊活中の夫婦は安全な食べ物を選ばなければなりません。そして、安全な食べ物だけでなく最近は妊活中にサプリメントを摂取する方が増えているため、サプリメントの安全性についても考える必要があるでしょう。